合格祈願

合格祈願とは、学校受験や各種の資格試験、就職試験など、さまざまな試験にのぞむにあたって、試験を突破して受かること、つまり合格して晴れて入園、入学、就職できることを祈る行為です。
昨今では幼稚園の受験も珍しくはないので、受験者に該当する人は小さな子どもから年配者まで、その年齢層は幅広いといえます。学校や資格の種類も多種多様である中、受験という局面に際している人の数は計りしれません。受験をするということは、現在のステップからさらに目指している世界へ飛躍する第一歩であり、合格をすれば理想の将来へ一段と近くことになります。それだけに、合格祈願をする思いは多くの人にとって切実で、真剣なものです。
難関の受験先であればあるほど受験者にとっては狭き門であり、合格者の倍率も上がります。合格するために精一杯勉強し、対策を講じたとしても、試験当日の体調、天候、様々な条件のコンディションなど、当日になってみなければわからないこと、運が左右することもあります。祈願に際して神頼みの行動に出ることは日本人の場合一般的な風習のようで、全国各地に崇拝されている名高い神社が点在します。いわゆる学問の神様です。
そうした神社に合格祈願で参拝できれば、受験者を含め家族や親しい友人など、応援してくれている周囲の人にとっても安心です。神社ではお札やお守を授与することもできます。絵馬は祈願するときのほか、お礼参りで奉納します。