近畿地方の合格祈願のお菓子【その1】

だじゃれが大好きな大阪府の人々にとっては、カールの「ウカール(受かる)」やキットカットの「キットカット(きっと勝つぞ)」なんていうだじゃれでの験担ぎをどう思っているのでしょうか?近畿地方の方々は少しお笑いにはうるさい、という方々が多いので、そんなのくだらない…なんて思っているかもしれませんね。

ただ、だじゃれだとしても合格祈願になるような福を呼ぶネーミングというのは、受験に追い詰められている受験生にとって気休めになるのは事実です。実際に、受験を控えた方々にとっては心強いものですよね。近畿地方、大阪の方々も納得のだじゃれを使った合格祈願お菓子をいくつかご紹介します。

・「ポッキー」…逆から読むとキッポー(吉報)で縁起が良い。
・「トッポ」…ToppoをToppa(突破)として受験シーズンに販売。
・「キシリトールガム」…キシリトールをきっちり通るにかけている。
・「グミチョコ」…勝ちグミチョコ(勝ち組チョコ)として受験に勝てるという験担ぎ。
・「5円チョコ」…合格にご縁があるよ、として販売。

このように、だじゃれを用いてる合格祈願お菓子はまだまだあります。ネーミングだけではなく、受験前のシーズンになると、“桜”と合格を象徴する花木をイメージしたデザインのもの、桜味のスナックなどが多くなり、受験の心強い味方となってくれるのです。これらの商品は近畿地方だけで販売しているのではありません。定番スナックやチョコは、全国区で販売しているので近畿地方ではなくても購入することができます。

近畿地方では、合格祈願としてお菓子ではなくうどんを食べます。「食べても滑らないうどん」という、うどんで有名な近畿地方だからこその商品ですね。合格祈願お菓子よりも人気があり、受験勉強中の良い腹ごしらえにもなりオススメの商品です。やはり受験生にとって“滑らない”というのは、すぐに受験に繋げてしまうものです。普通はつるつるしている食感を楽しむうどんをあえて、滑らないように仕上げることで、受験への願掛けをしているのです。

近畿地方の合格祈願のお菓子【その2】へ