合格祈願 お守り

学校の入学試験、各種資格試験、就職試験等にあたって、神社に合格祈願をする人は多くいます。日本各地に大小、数多く所在する神社の中には、御祭神として学業の神様を祀り、学業成就、合格祈願に特段のご利益が得られると評判の神社もあります。
神社の授与品には、お札、破魔矢のほか、お守りがあり、学業成就、合格祈願のお守りもあります。
お守りは、開運や招福に恵まれるように、あるいは厄除け、魔除けの意味で悪いことが起きないようにと願って持つものであり、学業成就や合格祈願のお守りは志望校への合格、資格の取得など、将来に対して前向きな願いを持つ人にとって心強い味方です。
安心が得られる点において勉学がはかどり、目標の達成により近づくことができます。お守りは身に着けて持ち歩けるので、いつ何どきも、どこにいても加護を得られるものとされています。近年、お守りのデザインや形状は多様化しています。身に着けて持ち歩くことが前提なので、たいていは根付のように小さなものから片手にすっぽりと収まるサイズが通常ですが、巾着袋のタイプのほか、携帯電話や財布に取り付けられるストラップタイプなどさまざまな種類が見られます。色がカラフルなものや、美しい柄を施したものも多数です。お守りには神様の魂が込められていますので、捨てるのは禁忌です。
授与した神社で新しいお守りを授与する時に古札納め所に収めるか、お焚き上げをお願いするのも方法です。