東北地方の合格祈願のお菓子

受験前になると市場で注目されるのが「合格祈願グッズ」や「合格祈願お菓子」です。特にコンビニなどではお菓子コーナーが合格祈願お菓子で埋め尽くされていますね。それだけ購入する人も多いのですが、中には地域だからこその合格祈願お菓子もあるので、今回はそれをご紹介していきます。

東北地方の中でも、山形の沿うかが力を合わせて販売している「受験生応援バナナ生クリーム大福・桜さく大福」は、ご当地スイーツとしても人気があります。丸勘山形青果出荷組合という、山形県の農家、約3500の組合が提供している合格祈願お菓子です。この合格祈願お菓子は、コンビニなどで売られている、ネーミングが縁起が良いもの…というわけではなく、山形県の南西部村木沢地区にある、「出塩文殊堂」という学問の神様にちゃんと祈願をしてもらった「桜さく大福」を、販売しているという縁起の良いお菓子なのです。合格祈願のされたお菓子を食べる…コンビニでは購入することができない山形のお菓子です。

甘いものは脳を働かせるためには欠かせないですよね。
「バナナ生クリーム大福」という、脳にも良いバナナを使用しているところも魅力的です。もちろん「桜さく大福」と、桜さく・花開くという合格を表す桜を使用しているところも良いです。コンビニでの合格祈願お菓子は、チョコレートやスナックが基本ですので、東北地方にある和菓子のお菓子は、受験生のいるご家庭へのプレゼントとしても選ばれています。まわりの餅の生地にも、中のあんも拘り溢れた商品となっています。インターネットでも購入することができるので、東北地方に住んでいない人にもオススメの商品です。

ちなみに、「出塩文殊堂」は時期になると、あじさいが咲き誇り「あじさい寺」とも呼ばれています。
全国的にもとっても有名で、夏には浴衣姿の方も多い場所なんです。涼しげなあじさいの姿が、暑い夏の暑さを吹き飛ばしてくれるので、オススメの場所です。合格祈願のお参りと一緒に、あじさいを楽しんでみてください。