東海地方の合格祈願のお菓子

そもそも、東海地方というのは、本州の中央部で尚且つ太平洋側の地域のことを指します。静岡、愛知、三重の3県が普通で、岐阜県の南部も東海地方に当てはまることが多いです。

合格祈願お菓子は、東京よりも名古屋の方が発信が早いという情報もあります。確かに、東海地方のコンビニには、受験シーズンになる前には、お菓子のコーナーを埋め尽くす勢いで陳列されています。時期になると、うえから下まで全て合格祈願お菓子…ということも、多いようですね。関東地方で人気の合格祈願お菓子と言えば「キットカット」というチョコレート菓子なのですが、名古屋を中心として東海地方での人気商品は「カール」です。合格祈願として「ウ・カール(受かる)」というネーミングで販売しています。祈願するという意味から、お守りのデザインになっているところも人気がある商品です。「カール」はチーズ味が基本的な味、大人気の味なのですが、東海地方のコンビニやスーパーには、チーズ味だけではなく、カレー味の人気が高いです。

「カール」は明治製菓なのですが、栗山が販売している「星たべよ」や「ばかうけ」ももちろんありますし、ブルボンの「味ごのみ」を「勝ごのみ」として販売されています。おめでたいチダイが入っていて、東海地方のスーパーには必ずと言ってよいほどありますね。それから、関口醸造の「だるません」なんかもあります。カルビーでは、「カール」や「トッポ」のような、だじゃれを用いた験担ぎというものはなく、合格の木でもある桜の味をスナック菓子に取り入れた合格祈願お菓子が多いようです。カルビーの中でも人気の「さやえんどう」や「かっぱえびせん」では、桜塩味となっています。

関東地方よりも、1つのコンビニやスーパーに陳列される、合格祈願お菓子の種類は確実に多いように感じます。もちろん、時期限定ということで売れ行きも伸びますし、受験生のいない家庭でも試しに買ってみよう…という人が多いようですね。